スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月29日 

2012/08/30
Thu. 00:00

桜田門外の変組上げました~(´ω`)


輪が広がるとより楽しいです。
もう二人くらい江戸時代から連れて行きたいんだけどな。
できれば女の子。(笑


ところでヒノモトの初期考メモを発掘しました。
いつもはキャラから入るんですが、珍しくヒノモトは、言葉から生まれたんですよね。

以下、メモの断片にあった言葉。

------------------------------------------


「”全部を消してしまいたい”なんて言う人間がいるけれど、
 そんなのナンセンス。
 根本的な事は何も解決しやしない。

 そう、過去を変えて、

 ”今よりマトモな今”を、探してみないか?」


----------(ページを分けて)------------------


「貴方が笑う未来はあったけれど、
 貴方と笑う未来はどこにもなかった。」

「運命を知れば、抗いたくなる。
 運命を受け入れるのは、難しい。」

「未来を生きる、貴方のために。」

「私は、過去(歴史)になる。」



------------------------------------------


何となくメモ帳に、言葉だけ走り書きしてあって、
ここから「うおおおお!!!!!!」って思って、
ヒノモトが生まれたのでした。
次のページからは、しばらくヒノモト設定書きしかないよ。(笑

(しかし、もうこの時から「ナンセンス」って言葉はあったんだなwwwww)



燃えてたんだなぁ……。
すごく懐かしくて、感慨深い思いにw(*´ω`)
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月28日 

2012/08/28
Tue. 23:34


お仕事のあいまあいまにちょろちょろ描いてます。
桜田門外の変組を!(`・ω・´)

また人選が珠百合さん的というか「どうしてそこいった」的なあれですが、
ちょろっと描けたら公開予定です♪

とゆか、よくよく考えたらHPに、『胡蝶之夢』紹介ページがあるのに、
『ヒノモトの変』紹介ページ作ってないんですよね……(^ω^;)
割と人も増えてきたので、そろそろ作りたいなぁなんて。


     ***


皆さん今晩和、管理人の珠百合です。

今日は予定してたものが1個空いたため、整体に行ってきました(´ω`)

たまぁに、ここにも書きましたかね、整体の先生。
60越えてるおじさん(良くも悪くもおじいちゃんっぽいんですがw)なのですけど、
この先生とお話することがいつも楽しみで!

僕が中学生の時からずっとお世話になっている先生で、
前々から価値観というか、考え方がすごく合うなぁと思うような先生で、僕は大好きなんです。

今日お話していたことの中のひとつに、
先生が返した言葉がひどくデジャブして、
「あれ、この言葉どこかで聞いたな」
と思った言葉が、夢で説教される髭のおじさんにまるで同じこと言われたのを思い出して、

「あれ、待てよ」と、

今月はじめに行ったときも、そんなことを思った気がするぞ、と。


僕が夢で髭のおじさんに会ったのは3回で、計2回がお説教。もう1回は雑談でした。
2回のお説教の中で聞いたのと同じ言葉を、前回と今回で連続して、先生の口から聞く事になろうとは……!


しかも今日のTVの朝の占いで、ラッキーパーソンが、
「夢に見た人」
だっただけあって、僕のテンションうなぎのぼりで、
ウワーーッすげえ!!!!髭のおじさんと、先生通してお話してるみたいだ!!!!
って一人で感動して(笑)、つい先生に、

「髭のおじさん、知っていますか!?武士っぽいというか、浪人っぽいというか!!!」

って聞こうとしたけど、「それなんて電波」と自分で心中ツッコんで、黙りました\(^o^)/



ただの偶然にしては、すごいなぁ……。
ちょっとだけ気持ち悪いくらい偶然だなぁ……。
夢と現実では、全然違う会話してるのに、ふとした拍子に先生の口から髭のおじさんの言葉がポロッと出てきて、どきっとする。



まさかなー、と思いながらも、髭のおじさんってあの御仁じゃないよな?と思っている人と、
先生の生い立ちというか、歩いてきた道がパタッと合ったような気がして、
それに今日のお散歩中に気が付いて、
奥さんに言っていた言葉とか、
いろいろ意味深な言葉、
全部本当にただの偶然なのかもしれないけれど、いやいやそうだ、僕の厨二心がくすぐられてるだけだろうwwwと茶化してみたけれど、
やっぱりなんか感じて、

ああ、むつかしい事抜きにして、単純に、夢のおじさんと先生はすごく似ているんだなぁと思った。

そうしたらなんだか泣きたいような、嬉しいような、そんな気持ちになって、

そんな先生に、中学生の時からずっとお世話になって、いろんなお話も聞かせてもらって、勉強もさせてもらって、
早くに出会えて良かったな。

と、よりいっそう今後も、先生と、そのご家族の息災を祈っているのでした。
あの人は本当に、おべっかでも何でもなく、病とかに負ける人じゃない。
って言えるくらい、生命力強い。
話してれば分かる。



すごいすごい歳の差なのに、奥さんは体が弱いから、自分が守って、叱ってあげなくちゃいけないんだって、
笑う先生の顔は、いくつになってもまぶしいなぁ(´ω`)



先生が代行役(?)になったのか、最近夢に見ないけれど、
また髭のおじさんのお話も聞きたいですね。

夢を何十年待っても良いから、また聞きたいね。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月27日 

2012/08/27
Mon. 22:08


【amazon】ニートが書いたじゃがりこのレビューがクールすぎると話題に

↑このレビュー文の末文2行が、風柳さんの描く山吉さんらしい文体で、くそハマってしまったwwwwwwwwwwwwww

     ***


皆さん今晩和、管理人の珠百合です。
さあ、流石に学習して、今日は早めに日記を書きに来たので時間があるぞ。


<管理人の近況についてつれつれと語ります。腹抱えるような楽しい話でもないので、文字伏せますね。>

ずっと書きたかったことがあって、
最近、僕の近辺が大きく変わりました。
や、ちょっと言い方が違うかなぁ。

僕が変わりました。変えました。
誰の意思でもなく、僕の意思です。

6月や7月の日記で散々、隠す事すらできずに悶々期間に突入していたのは、このためでした。

理由は、色々あるんですが、プライベートな事なのでここは省きます。
”変える”or”変えない”
の選択肢の間でずっと悩んでいて、僕は前者を選びました。


おかげで、生活もだいぶ変わりました。
心持もかなり変わりました。
正直、夜道を懐中電灯で照らすような気持ちです。
いえ、駄目という事ではありません。
こうなることはちゃんと分かっていて、これを自分で選んだ事には変わりない。
だから、どうという事ではないのです。

でも、”変わり”ました。
そういう事実だけが残って、こいつと不器用ながらも僕らしく過ごす毎日です。
後悔はない。



ちょっと、一時期のある人の気持ちをリアルに感じたり、
「ああ、なるほど、こういう事かな」
とか、学ぶことがたくさんあります。


そして、この生き方はとても難しい。
でも、”生きる”ことはできる。
だから良かった。
もし変えない選択枝を選んでいたら、こう思う事すらなかったろう。
それくらいちょっと危機を感じた。


さて、どうしようか。
ここまで邁進する生き方しかしてこなかったから、正直ちょっと迷子だ。
いや、こだわる心さえ捨てれば、生き方なんていくらでも出てくる。
「むしろ、一生を迷子で過ごしたとしても、それはそれでアリなんだろうな。」
とか思えるだけ、自分は恵まれているのかもしれない。
……お気楽的な脳みそに(´∀`A;)



急いで歩こうとすると、どうせまた暴走する。
だから、最近は自分らしくゆるゆるしています。
懐中電灯だけれど。
まだ懐中電灯の光があるだけ、とてもとても幸せな事。

この光に感謝して、大切にこなしていかねばね。
生きていかねばね。


蜘蛛の糸を持ってくれてる人には頭が上がりません。



変えようと決意する前、沢山相談に乗ってくれたたくさんの友達、同期、先生、
あと、家族や祖父母にも。
これだけは忘れちゃいけないですね。


8月頭に行ってきた、心の聖地宮島での御籤の内容にもあった。
今はただ、今を乗り切ることだけ考えよう。
どうやって付き合っていくか。
どうやって生きていくか。



生きているのに、
「生きる」
がテーマだなんて、ちょっと滑稽だと思いますかね。


でもそれが一番大事だって、少なくとも僕にとっては一番大切な事だったんだって、
ようやく気が付いたんです。
長かった。
このルートを辿らなきゃ、一生気が付かなかったかもしれないから、今までの人生も後悔していません。


ただ、どうすればよいのか。
具体的な戦略がまだまだ思い浮かびません。
すごく、すごく怖いんですけど、ちょっとだけ、楽しくなっている自分もいます。
ああ、これだ。自分がきた。ログインした。
っていう感じ。

こういう、途方もないところからああじゃない、ここじゃない、と戦略をたてるのが楽しいんです。



今まで選んできたルートを変えただけで、目標は、あるんですけどね。
それが今の僕にとっての星ですね。キラキラスター。

どんな道に行っても、いつでもついてきてくれるこの星がある限り、
そう簡単に折れないので、僕は大丈夫です。
幸せです。
幸せです。

</おしまい!>



っと、長くなりましたw
僕にとっては大切なこの話を、
じゃがりこ山吉さんの記事で書くあたりが、僕らしいでしょ!w(´人`*)

じゃがりこで顎を鍛えろ!(キリッ

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月26日 

2012/08/26
Sun. 23:45


書きたいこといっぱいあるんですけど、いつも夜落書きしてると時間がエーッと時間になってて、
結局あわあわしちゃう珠百合です\(^o^)/
ちくしょー!!やめてやる!!!平梅なんてやめ……え?見てる?若が見てる!?若が僕を見てるぞ!!!!ああああああああぁああっはああぁあっぁあああはぁあっ!!!あぁぁあああぁぁあっ!!!!!!にゃあああぁあぁあっぁあん!!!!!!!11ハァハァきゅんきゅんやったね!!!!!!!!ひとりでできるもん!!!!!!!!




という訳で毎週の楽しみ『薄桜記』より。
今週の吉良家。
若初登場回!!7話目でする!

今週はびっくり若wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

これはツイッターでも言ったんですけど……。
山吉さんの画面の右側にある背中ってこれ、若の背中なんですけど、これ、吉良家の家紋と違(ry
”五七の桐”じゃなくて、吉良家は”五三の桐”なのですよ~。

でも薄桜記はとても楽しい!(´人`*)
はやく地上波にも来ないかなぁ……。



最後に山吉さん置いて今日は去ります!



最近は、朝夕めっきり秋の風ですね。
日中は暑いけれど、気が付けばもう夏は秋に代わろうとしてるんだなぁ、と感じる今日この頃です。
光陰矢の如しとはまさしく……(=ω=)

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月20日 

2012/08/20
Mon. 22:32


吉良さんの三女、あぐり姫。
津軽采女政兕と結婚するも、結婚して1年目に亡くなってしまう。
(次女はもっと早くに早世しているので、もしかしたら家系がそんなに体強くなかったのかも……?(=ω=))

幸か不幸か、例の松の廊下の事件が起こる前に亡くなっているので、
吉良家の崩壊を目にすることはなかったですね……。

討ち入り後に、吉良邸に一番に駆けつけてくれたお見舞い人は、旦那さんの津軽采女殿でした。
想像以上の惨劇に相当驚かれたよう。
旦那さんは釣りが好きだったようで、日本で一番古いと言われる釣りの指南書なんかを書いてます。


あぐり姫亡き後、津軽殿が再婚したかどうかはまだ調べられていないですが、
お子はいなかったようで、わざわざ養子を迎えてお家を継がせています。


だいぶ若いうちの別れになったことには違いないので、
これで津軽殿が再婚していなかったら、相当熱い恋ですね!ハイハイ妄想妄想\(^o^)/
(津軽家のお家的には「勘弁してくれー!」だろうけどwww)

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月18日 

2012/08/19
Sun. 23:43

BS時代劇の『薄桜記』が、僕を殺しにかかってる。

(※「山添」は「山吉」さん。)

ほんぎゃああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!

思いっきり吉良家忠臣蔵やないですか。
思いっきり吉良家忠臣蔵やないですか!!!!!!!!!!(大事な事なので2回)

次回は7話目なのですがそこに事前情報で若も登場すると聞き、もういてもたってもいられません。
軽く踊れそうです。(ノリで
薄桜記、今後も期待してますぜ……!!!+(`・ω・´*)



もいっちょ。江戸っ子のそば事情とか。

江戸民の生活勉強するの楽しい。



とわさん宅の近松さんをお借りして……

ひどい漫画描いたwwwwwwwwwwwwwwwwwww

最近暴れすぎな気がしなくもないですが珠百合さん、
とても楽しいです。


あと、カオスで不思議な夢見たのでちょろっとここでも紹介(=ω=)
昔はこの日記で、夢日記とかもつけてたのですが、懐かしいですねぇ……w


<今日の夢>

今日の夢はお盆的でカオス。

ちょっと気の強いおさげ少女と一緒に、深夜、トンネルの向こうにある海に潜った。
海中にあるトンネルをずーっと泳いでいくと、抜けたところにやたらとカラフルな色をした人々。
どうやらそこは海底のレストランのようで、カラフルな人々はお盆帰りのさまざまなところのご先祖様とかそういった方々。

カラフルな人々の席の近くを、少女と一緒に泳いで通ってみる。
カラフルな人たちは、顔があったり、無かったり、手がもやもやしてたり、何ともちょっとだけ不思議な人型に見えたけど、怖くはない。
各々、同じテーブルに着いた人たちと楽しそうに食事や、おしゃべりを楽しんでいるみたいだった。

少女と話しながら泳ぐ。
「彼らに気が付かれるとちょっと厄介だけど、必要以上に関与しなければ、お互いに無害だって事を知ってる」
と少女。
そういうものなのかぁ。と、そのレストランを抜けて、また黒い藍色の海を進む。

ちょっと泳ぐと、目の前に扉。開けると、小さなお座敷に出た。

海は無くなった。

中から一人の、真っ黒すぎる髪と真っ黒すぎる目が印象の男性が一人出てきた。
そうして招くような動作。
少女が何のためらいもなく座敷へと上る。
どうやら、少女がその人と会う約束でもしていたかのようだ。

通された座敷はお世辞にも広いとは言えなかったけれど、真向いの障子をあけると、
ずーっと向こうまで、黄色い砂の地面が広がっていて、グラウンドみたいになっていた。
全体が海底に沈んでいるみたいで、この家も海底に建っているいるんだと思った。
そこにかしこに柳が生えて、静かにうねってる。

僕はその景色に興奮して「すごい!海の中なのに柳が生えてる!」と少女を呼んだら、
「あれ、よく見ると柳じゃないね」と一言。

言われるがままよく見ると、幹の部分がやたらと変形する。
うねうねしている。
そういう生き物みたいに。
「わぁ……」と海の神秘(?)を感じながらも座敷へ視線を戻す。


少女と黒すぎる男が話を始めていた。
「弟が帰ってこないんだ。そういう時期なのかな」
と困りながら笑って言っていた。
よく見るとこの男、イケメンである。


「さっきから玄関でこそこそしてるのは弟じゃないの?」と少女。
「えっ、全然気が付かなかった。そんな子いた?」と僕。
場違い感がすごい。


言われて玄関側を見ると、たしかに子供サイズの、これまた黒すぎる男の子が座敷をチラッチラッと見たり、ひっこんだりしている。
「あれは弟だけど、弟じゃないよ」
「帰ってこないんだ」
と黒いイケメン。
弟思いなのかブラコンなのかは分からないけどすごく心配そうだった。


少女が「聞く事は全部聞いた」みたいな顔して、家を出ようとする。
僕もそれを追いかける。


その時、「あっ」と思った。

「あの黒すぎる男の人、この後すぐ死んじゃうんだ」
根拠もない確信がザワッときた。


よく分からなくて少女に聞こうと思ったら、そのまま海水が流れ込んできて、
夢が終わった。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月17日 

2012/08/17
Fri. 23:36


今日は散々新貝さんをボケ担当にする遊びをしてしまったので、
反省して、真面目な新貝さんです。

『吉良家忠臣蔵-Respect hero of the Kira-』は、
せっせせっせと作っている吉良家のアニメ作品のタイトルだったりするんですが、
会社通うようになってから一向に進まなくなってしまったアレです悔しい。

サブタイトルは弟が付けてくれました。(!?)


PP作品は当然のことながら、他にも作りたいものがもさもさしていて気持ち悪いです。
常に欲求不満な感じですが、むしろその方が創作意欲湧いてイイ!!(゚∀゚)ですよね!


ただでさえ使える時間が限られているのだから、ほんに、少しでも長生きして、
作りたいもの作って、人生全うしたいですよねぇ……(´ω`)



吉良家が(「も」?)、好きだー!!!!!

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月16日 

2012/08/16
Thu. 21:16


ChuSinGura46+1の、白蛇吉良様と清水。
初めてこの吉良様見た時は、色々ぶっとんで、清水ねえさんのあれやこれや妄想してしまいましたすみませんでした。

早く百花魁編で、ヤンデレ新八郎たんに会いたいです!!!!!!!11111

いや、こちらの作品は浪士勢も皆本当に魅力的なんですが、
毎度吉良勢にウォオオオオッ!!!!!!!!っとなるのは安心の珠百合さんクオリティ。


しかし矢頭たん、まごまごしたいです。




うおおおおおおおおおおおおお切ねえええかっけええええええええええぇぇぇぇ(´;ω;`)

久しぶりに発掘して聞いてたらうおおおおおおってなりました。
うおおおおおおおお!!!!!!!!


このカバーは、原曲壊しすぎず、感情的に熱くて切なくて、すごく良いですな……。(´人`*)

うたわれに使用される曲は、どれも僕のツボ、ギュンギュンに狙ってきていてやばいですね。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月15日 

2012/08/15
Wed. 23:55


きゃわわー。

百合はいい……。


ひとまず拍手返信です!

>久しぶりに覗いてみたら破壊者三人組(+ゆっくり)やらS様衣装の祈さんやらのイラストが目に入り色々と懐かしい気分になりました。
 カゲフミの方も応援しております。陰ながら。

破壊者は、今でもたまに、グワァーッと描きたくなりますw(´ω`*)
カゲフミの応援も有り難うございます!!!
こちらもまた楽しんで制作を進めてまいりますゆえ、生暖かく見守っていただければと思いますー。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月14日 

2012/08/14
Tue. 23:51

唐突なネタだけ投下して本日は就寝!
ぐぅ……。
拍手返信は次回にさせて下さいませ!すみません!><;

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月12日 

2012/08/12
Sun. 22:22


と、いう訳で。

以前からチラッチラッと紹介させて頂いてきた、ゆっくりブレイカーですが……、




感動のフィナーレを迎えたようで!!!!!!!!!

この動画の完成度たるや、本当にすさまじくて、
とのさんと「すごいよね、すごいよね」と言いながら、電柱の影からこっそり見守らせて頂いていたのですが、
ここまで来たらもうね、さらに紹介させて頂かない訳にはいかないだろうと。

ゆっくり達が加わったことで、原作のストーリーにさらに話が付け加えられていたり、うまく要約されていたりと、
とにかく脚本とか、あなたそりゃもう、どれだけ大変だったかとかその労力をつい考えてしまいます。

同時に、ここまで大作に仕上げてくださっためその人さんに頭が上がりません。

これ、軽く破壊者の二次創作ですわーw
今まで皆様から多くの二次創作作品を頂いて、たくさん鼻から山桜噴出して参りましたが、
最初から最後まで作り上げるなんて、これだけの長さの二次創作はさすがにすごいなぁと……。
いや、さっきから同じようなことしか言ってなくて申し訳ないんですが、本当にすごいですw
また宝物に一つ加えることが出来ました。
改めて、御礼申し上げます!!!!


そこかしこにネタと愛がつまった動画になっております。
ゆっくり達の繰り広げるシリアスブレイカー(褒め言葉)は必見だぞ☆
お時間のある方、ぜひ、


ゆっくり見ていってね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ヽ(*´▽`*)ノ


……今年の夏コミにも誡さん行ったのかな?wwwwwwwwwww

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月12日 

2012/08/12
Sun. 01:04

大流行のフリゲ『Ib』遊んでみました!!ヽ(*´ω`*)ノ


そんなに長い作品ではないのですね。
ホラーが大の苦手の管理人は、ついったでギャーギャー独り言言いながら奮戦しておりましたちょーこわいwww
いやでもクリアできたので、ホラー苦手な方でも大丈夫だよ!
だって僕でもできるんだもの……!!

多くを語り過ぎないところが憎いですね……。
ものっそ考察したくなりますw

ホラーが好きな人向け、というより、
考察好きな人のがハマるかもしれませんw


とゆ訳で、興味のある方にはぜひぜひプレイをおすすめ致しますですよー(*´∀`)ノ
公式はこちら!
http://kouri.kuchinawa.com/game_01.html

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月9日 

2012/08/10
Fri. 00:32


S様の衣装を祈んに着せるのが好きで好きで。
そこはかとなくえろす(´∀`)

旅行レポートとか、
諸々近況報告かあるんですが、
なかなかまとまった日記を書く時間がとれないので、
取り敢えず今日は拍手返信です!

Web拍手返信ー!

>カゲフミショウジョ打ち合わせですと……!
 コミティアで買った(半分は頂いたも同然な)本とかペーパー読み返してまったりした直後だったのでテンションあがりましたヽ(・∀・*)ノ
 ぜひ愛を込めた良い作品に仕上げてくださいませ!
 暑いですが体調にもお気をつけて(´・ω・`)ノシ

ぬおおおお!!!!!
猛烈にお返事遅くなり大っっっっっっっっっっ変!!!!!!!!
申し訳ございませんでした!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
少しでもカゲフミ、ご期待にそえられるよう楽しく頑張りますっ(*´ω`人)♪
あなたさまこそ、お仕事ご多忙でしょうけれど夏の暑さに負けず、またお身体など壊されないようファイトですー!!

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年8月3日 

2012/08/03
Fri. 21:41

色々書くべきことがたまっているのですが、色あせる前にこれを!!


とわさんと二人で江戸探索してきましたウワアアアアアアア!!!!!!!!!
管理人初めてのオフ会というものらしいです。
忠臣蔵めぐりですウワアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!


【!紹介しよう!】--------------------------
とわさんとは、忠臣蔵&江戸スキーのお方。
珠百合の清水漫画を読んで、わざわざついったでお声をかけてくれたエンジェル。
浅野家と吉良家双方がお好き。
今は浪士の知識の方が大きいらしい。
中でも、山吉さんにフルボッコされちゃう近松勘六殿にお熱。
エンジェル!
とわさんのお屋敷はこちら。っ
------------------------------------------




珠百合さんがやらかさない筈がなかった。

お話を聞くと、あちらもその日初めて会う人と待ち合わせしていたようでwwwwwwwww
二人してソワソワしてソワソワ損でしたなんだこれ!!!!wwwwwwwwwwwww



無事合流wwwwwwwwww
さっそく泉岳寺に!!!

近松フォントはとわさん専用!w


泉岳寺のお土産屋さんのおじさんに、アイス食べてるにも関わらず道案内をして頂くというレア体験をしながらも(笑)、いってきました細川邸跡!!!!!(`・ω・´)

全員ではないにしても、ここで浪士の方々は切腹なさったのですねー……。
切腹前の浪士の方々のやりとりは、ちょっと好きだったりします。ぬくぬくしてて……。(笑
「切腹の作法とかわからないんだよね(´・ω・`)」と言って安兵衛さんに対して、
「まぁ首斬られるだけですから、心配しなくても大丈夫ですよ♪」とか、さらっとしすぎうわああああ。
浪士たちの辞世の句も好きだな……。




迷子になりかけながら行った、荻生徂徠殿のお墓のあるお寺!!!w
お墓を探す時も、墓地を二手に別れて探すなど、一人ではできない旅の醍醐味がーw


寺坂さんの墓地にも行ったのですが、
発見かなわず……TT
二人で墓地の真ん中で南無南無をささげるという不思議な図になりました……w







描き切れないほどのネタ
・泉岳寺のおじさんの線香もやしレベルまじプロフェッショナル
・47士絵に、なぜかいない5人
・鎖帷子:イマドキ夏ファッション→シースルーカーディガンみたいだwww
・萱野さんの顔色にびびるとわさん

・蜂があらわれた!▼
・江戸幕府を立ち上げた人→「大石内蔵助!!!(゚∀゚)」
・歩きやすい気候になったのは→「大石内蔵助さんのおかげ!!!(゚∀゚)」
・だいたい大石さんのおかげ。
「無料麦茶ウメェwwwwwwwwwwwwwwww」

・珠「何で……近松なんです?」
 と「えっ///な、なんででしょう///」←かわいい

・珠「折角ですから昼はそば食べましょう!」
 と「あっ、あの店『そば』って書かれてますよ」
 珠&と「「ラーメンかよ!!!」」

・珠「そば食べられてよかったですねw」
 と「あっ、あそこにも『そば』屋さんあったんですね」
 珠「本当だ!あそこでも良かったかもn」
 珠&と「「ラーメンかよ!!!」」

・両国まじラーメン天国

・討ち入り前にそばに代わってラーメン食べる浪士たちの図

・久しぶりにIN吉良邸でテンションあがる珠百合

だがしかし、蚊の巣窟だった

と「足がかゆいwwwwww」
 珠「手がかゆいwwwwwwwwww」


結論:吉良家は何かと、蚊と縁がある。

・江戸時代の物売りの掛け声がやばい面白い。
「リーーンリーーーン チンチンロリンチンチロリン すーーーっちょんすーーーっちょん」←夏の虫売りさんの掛け声。なんかこんなんでした。

・珠「でも正直こんな人前からきたら……」
 と「頭おかしい人みたいwwwwwwwww」



と「ここも近松通ったんですね……(*´ω`*)」
珠「そうですね、おそらくかつがれながら……」
と「wwwwwwwww


両国橋の上から隅田川。



で。
吉良邸の向かいの道路を挟んだ通りにある、和菓子屋さん、去年の元禄祭のときに『忠臣蔵の吉良まんじゅう』を買って帰ったのですが、
本格的にお店を構えてるの僕今回初めて気が付いて(もしかして、いつも店しまってるときに行ってたのかなぁ……?;)、そこでお土産買ってきました!

吉良様煎餅wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
めちゃくちゃかわいくないっすかwwwwwwwwwwwwwwwww

3種類煎餅が入っていて、それぞれ全部表情が違うのですよw
上が名前入りで、真ん中は「笑顔きらきら☆」モード、一番下が「悪役勤めも一苦労」のめそめそ顔でした。
か わ い い 。



しかも何たるタイミングか、吉良邸跡のお供えのお水などを交換している方に会って、ウワアアア!!っと思って声をかけたところ、その方がいつもお掃除などしていらっしゃるのだとか……(´ω`*)
ファンとしては神様仏様!!!
節分の鬼殺しの変(笑)がずっと気になっていたので、それで話題を振ったら「あぁー(笑)」と、鬼ころし調達ラインも教えてくださいましたが、
吉良邸跡の中にある、上野介稲荷に信心深い方々だったりがいつもくれるのだとか!w

信心深い人がいるほど、効力もあるらしいのですよ……w
たしか、吉良家のことをお救いしてくれた女性が神様の元だったと記憶しているのですが、そこに一緒に上野介様も奉られているというのですから、僕はもうぬくもりてぃいっぱいでお話を伺っておりました(*´ω`人)

すげー嬉しい。
吉良ファンにはたまらない発見だああ……!


ともかく、とっても素敵な旅&オフ会でした!!
めちゃくちゃ楽しかったし、浪士のことも勉強させて頂きました!


改めましてとわさん有り難うございましたああああー!!!ヽ(*´▽`*)ノ
次は、かなうようでしたらば、元禄祭の冬の陣に……!!!(*`・ω・´)+

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。