スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月29日 

2012/10/29
Mon. 23:37

2012-10-29_1.jpg
(画像クリックで大きく)
もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どこまでいっても、この二人がお気に入りです。

いや、赤い子じゃなくても、
S様の作った××がとても好きで、
あの××絡みで色々描けるんじゃないかなぁ
と思うんですが、
とのさんも似たような思いを抱いてくれていたようでした。
流石とのさん!(*´ω`人)


いえ、破壊者のキャラは皆、僕にとっては特別な存在なのですけれど、
「すげーーーすげーーーーーーー書き足りない」
という意味ですね。
まぁ、制作期間のうち、ずいぶん遅い生まれだから仕方ないのですけれどねっ(`ω´)



そう、そう……。

ついったに、こんなBOTさんがお生まれになっておりました。



(^ω^ )











( ^ω^ )

















……!!!!!!!!?(^ω^ )










フォロー余裕でした。
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月28日 

2012/10/29
Mon. 01:08

2012-10-28_1.jpg
(クリックで大きくなります)
破壊者ー。

と、いいますのも、

第2回みんなで決めるフリゲ音楽ベスト100【16:56位~42位】

こちらの動画様で、破壊者の楽曲『True break』を紹介して頂けたのですー!!!
わーわーどんどんぱふぱふ(*´ω`人)
投票してくださった方、応援してくださった方々有り難うございました♪

SSの演出に愛がこもりすぎてて、とのさんともども脳汁ズババババ状態でした。
なにこれすごい。
絵古い。
爆ぜたい。(!!)


いえしかし、本当に本当に、有り難うございます!!ヽ(*´▽`*)ノ


こう、今まで雑誌ですとか、
ネット記事ですとか、そういったものは、
保存用として保管させて頂いたり、
印刷してファイリングさせて頂いたりしているのですが、
有り難いことに動画としてのご紹介が最近ちらほら増えて(これが「時代」か……!)、
これらの保管方法は、紙の媒体とはまた扱いが変わるので、
どう仕分けしようかなぁと、
珠百合の宝物フォルダの仕分けに、うんうん悩んでおります……w
幸せな事ですね……(*´ω`人)


あともうひとつお知らせです。


渋谷のバー、『ガールズバーJKB』様(※リンク先はバイト募集ですが、地図や店内写真があります)にて、
僕の絵を額縁に入れて、飾って頂いており、ます……!!!!!!w

何というありがたい事でしょう!!(*゚∀゚*)
飾って頂いている女の子は、胡蝶さんです!!w

かっこかわい綺麗な女性マスターにお酒を作ってもらって、ゆったり飲みながら、
胡蝶さんを眺めてあげてください(*´ω`人)

店長さん、とっても素敵な方なので、機会がありましたらぜひぜひ♪

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月21日 

2012/10/22
Mon. 00:18


寝る前に『上野介の忠臣蔵(清水義範:著)』を、改めてちらりと読んだら、
このシーンがツボだった。
お咲ちゃんという、新貝さんの妹さん設定。

お咲ちゃん「お茶をお持ち致しました。」
新貝さん「何だ、急に娘っぽくなったな(ニヤニヤ)」
清水「(お邪魔しておりますテンション)」
お咲ちゃん「娘っぽくなんてなってません。私は私です!//」

新貝「ふふ、まぁそう怒るなよ。今日つれてきた清水だ。吉良家でおそらく一番の使い手だぞ。
  強い男はいいだろう?」

清水「(気恥ずかしくなって赤面)」
お咲ちゃん「少し顔が、おそろしいです」


上記はかなり珠百合さんのうろ覚えセリフです。
お咲ちゃん、かわいいよお咲ちゃん。


僕が初めて読んだ吉良作品でもあります。
今読むと、筆者様の意図や、創作、いろいろよく分かってきますね。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年11月19日 

2012/10/19
Fri. 23:51


「何?わちきに何か用?
 あ。あんたの残してた氷菓子、食べちゃった。
 今食べ終わったところよ……はずれだって。
 あんたもわちきも、貧乏くじひきっぱなしね。
 いつものことだけど」


いのさん。
いのさんデレそうでデレない。

なにゆえ一部ヒノモト勢は、ガリガリくん大好きなんだ。


     ***


皆さん今晩和、管理人の珠百合です。

「身の丈を知るということ」
言葉のとおりなんですが。
自分の限度を知るという意味でも大切な言葉だなぁと思います。
悪口で使われる事が多いけれど、
自分で戒める言葉として使う。

ある人が言いました。
「無茶は、若いうちに好きなだけすればいい。
 だけど、自分の限度は超えるな。
 とたんに、『無茶』が『無謀』になる。
 無謀は、愚か者のする事だ」

その、『無茶』と『無謀』の定規をとるのは、いつだって自分。
だから、身の丈は知っておかなくちゃいけない。
定規の作り方も自分が決める。

たくさん、無茶したいのなら、
楽しみたいのなら、
余計に。
定規をかまえる。
それが自分のためだったり、
自分を育ててくれた人たちに対する、恩義にもなるのだろう。



「強い人」
僕の中で「強い人」のイメージって、
心が、けして折れなくて、
すこぶる健康で、
腕力的にも強い人、
っていうイメージがあった。

少年漫画かw
ってツッコまれるくらい、そういうイメージがあった。


これは、ほんの一部だけだけど、

「自分が弱いと思うのなら、自覚があるのなら、
 なぜ鍛える事をしないんだ?
 そんなに弱さが怖いのなら、
 弱点と思うのなら、
 自分にできる範囲で、鍛えれば良いじゃないか。
 何も、一日中トレーニングしろとは言わない。(それこそ無謀になりかねない)
 だけどそこは、
 自分が本当に、弱いと思うのなら、
 なぜ弱さを克服するだけの訓練をしないんだ?」


高慢でもなく、横柄さもなく、
本当に不思議そうに、
こう聞かれた。

ああ、そうか。と思った。

自分にできうる範囲のトレーニングだろうがなんだろうが、
本当に危機に瀕した時、
自分がやってきた・という軸になって、
そしてそれが力になるんだろうな。

だからこの人は「強い」のだろうな。


って事は、
「弱い」っていう概念も、自分が作り出しているだけのもので、
この場合のできうる限りの事をしていて、
働きかけるっていう事は、
それがもう強い人につながるんだなと。


何だか、こうやって言葉にするととてもシンプルなのに(笑)、
びびびーっと電撃が走るくらい、
納得がいった。
腑に落ちた。



すごくシンプルに考えた方がいい。
意外と近くに、自分の納得する言葉があったりする。
「ああ、それは、理にかなってる」
最近の僕の求める公式の、すぐ隣にあるヒントは、いつもこれ。

ひねくれた理屈とか、論じゃなくて。
理に適ってる。
と思ったら、
それで全部なんだと思ったりする。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月14日 

2012/10/14
Sun. 23:28

今日はただもうグワァーッと、己の欲望のままに落書きをしておりました。
こんなに一日中落書きしたのは久しぶりじゃ(´◡`)

大姫。
こういうノリ描くのだいすき。


あと、とわさん家の瀬座さんがいい金髪だったのでつい。

金髪和服はいいものだ。


そしてまんまと瀬座さん祭り。(笑)



瀬座さんと小堺さんが、討ち入り前に会ってたとか美味しいんじゃねーの。
と一人妄想。

瀬座さんは討ち入りの際、屋内組なので、
小堺さんの恩をどうしようと一人考えて、葛藤して、
”ツケ”に、若を追おうとした不破さんと武林さんを、
静かに静止したりしたら美味しいんじゃねーかな
とか。
思ったりした訳で、はい。

こう、史実と妄想をまぜこむのがね。
楽しいですね。
はい。




そしてラストに、蠢く新貝さん。
主に髪の毛が蠢く。



ああ、スッキリしたでござる(*´ω`人)

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月14日 

2012/10/14
Sun. 00:21


「スベテは愛しのお父様がタメ」
滝夜叉姫たん、がしゃがしゃーっ(っ=ω=)っ




そして……、
おい……、

見てくれ……。

祈さんがっっ!!!!!!!!!

いちがくくん描いてくださったぞウワアアアアアアアアァァァァァァァアアッ!!!!wwwww
まさかの。
まさかのいちがくくん。
しかしかわいい/(^o^)\
かわいいようわああああかわいいなぁおい!!!!wwwwwww


まさかここまでじわじわネタ上げてくださるとは思わなくて(笑)、
いちがくくんネタ広げてくださる方々には本当に感謝しかwwwww





「いちがくくん、風呂わかしてよ!」

→せっせせっせと薪を割り、竹筒を用意して湯を沸かす準備にとりかかるいちがくくん。
ピッ(電気)

「……(・ω・)」
「………………………………………………………(・ω・)」






というネタ美味しいです。
いちがくくんまじパシられ。
いちがくくんまじリスペクトっすわ。
いちがくくん。



……って、

そろそろさすがに格好良い清水も描かないと感もwwwww
史実でも創作でも、清水は格好良いぜ!!!
忠臣リスペクト!!!!
イエーイ!!!!!!(謎テンション


ゆるふわしたらかわいいし!!
良いとこしかないですね!!!!!
このやろう!!!!!!!!

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月11日 

2012/10/11
Thu. 22:51

( 」´0`)」<いちがくくーん


やまなしおちなし。
ゆるふわパシられコメディ『いちがくくん』。


     ***


……なんてものが生まれたのは、弟君の一言……w


最近、忠臣蔵の講義を取っているらしい弟。(完璧に珠百合のせい)


弟「ただいま」
珠「おかえり!今日はどんな事をやったんだい?(´∀`*)←いつも聞くのが楽しみで仕方ないw」
弟「教授が、
  『うーん、吉良側もね、頑張ったんだけどね。あ、一学くんとかね。でも討ち取られちゃったんだよね。』
  って、「君」呼ばわりしてたぞ

珠「一学君wwwww友達か!!www


   ↓↓↓(何だかツボったのでついったーにその話を書く)


フォロワー様「いちがくくん、パン買ってこいよ!」
フォロワー様「いちがくくん、ノート見せてよ」
フォロワー様「いちがくくん、体育館裏に来てよ」
フォロワー様「いちがくくん、それは恋文……なんだはたしじょうかー」

珠「なんで若干パシられキャラなんだよwwwwwwwwwwwww


   ↓↓↓(無駄にツボったのでもそもそ描く)


(・ω・) ←今ここw



吉良家ゆるふわコメディとか、つくづく俺得じゃないっすかー!!
いちがくくん。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月10日 

2012/10/10
Wed. 23:30


松原さんは、いつも眼鏡ピカピカにしてるイメージがあります。
松原さんの長屋は、タンスの上とか指ツーッ「ふっ」ってやっても、チリひとつないイメージがあります。


紹介ページ作る前から、松原さんのイメージは割と固まっていたので、するする描けました(´ω`)
小林さんと相性良いと思います。

MEGANE!!!!


ああ、やっぱり紹介ページ作って良かった。
改めてまとめると、自分の中で人として動き出しますねw(´人`*)

取り敢えず、何より吉良さんの娘達をかたちにしたいな。
むさくるしいよあのページ。(笑

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月9日 

2012/10/09
Tue. 23:06

GALLERYに、吉良家紹介ページアップしましーーたーーーーー!!!!!!!!!!

名前と、役職と、口上や殉職条件がある程度揃っている方々を描きました。

実は、討ち入り時の口上だけ残っている・って人が3~4人いるのですけれど、
ほんの一言二言と名前だけでさすがに限界を感じたので、省略しました。
本当にごめんなさい。

ただ、富子様とご子息様方、ご交友のまわりなんかは追加予定です(*`・ω・´)

あ、赤穂浪士については、とわさん家の紹介ご参照ください!(笑)( ´∀`)っ

今回の更新において、史料が限られたものしか使えなかったのですが、それでもかなりヒィヒィしたので、
他の史料情報については、細々と追加していくことにします。


まだまだ書き損ねてる事は、むちゃくちゃ沢山あると思うんだ……w
特に山吉さんとかひどいな。
一人だけもりもり文字増えていく\(^o^)/
書ける事書き始めたら、あの人が一番キリない気がしますが、そこも、まぁ。


やー……、楽しかった。
これで何の邪念なくお仕事できる……!w

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月6日 

2012/10/07
Sun. 01:16



------------------------------------------------



とわさん家の片岡(♂)さんを動かしてみたら、想像以上に勘違いしてすごい方向に ┌(┌ ^o^)┐

そしてさらにとわさんが暴走させたwwwwwwwwwwwww
http://p.twipple.jp/X4qOT


     ***


昔の日記みたく、思う事をつれづれ書いてみよう。
たまにお酒入っているんだしね。



最近思うのだけれど、
僕は生きたがりのくせして、死に向かって生きている気がする。
いや、広義的な意味でいえば、皆が皆、そうなのだけれど、

”生に恥じない、死に向かう生き方をする”

というニュアンスの方が近い気がする。


今を生きろスタンスから言わせれば、少し後ろ向きなのかもしれないけれど、
でもたとえば、明日僕の頭上にピンポイントで隕石が降ってくるかもしれない。

それでも今、「死ねない」と思うだけの理由が頭の中にたくさん浮かぶだけ、
僕は今生きていると思うし、生かされているなぁって思う。

「死ねない」理由があるから、
いつ隕石が落ちてきても、その時が来ても、「死にたくない」って思わないように、
全部じゃなくてもいいから、一つでも消化しないといけない。

それが僕の人生なのかな、とも思ったりする。
わりと、飄々としながら。
でも真剣に。


何が起こるか分からないからね。
良くも悪くも。
それが、楽しいのだけれどもね。


それを消化しながら生きる事は、とてもじゃないけれど簡単じゃない事だ。
現に今、崖にしがみついている状態だ。

でもまだ腕の力と心に余裕はあるから、ぶらさがりながら、
カラスにつっつかれながら、考える。




生きるために死ぬ準備を、始めている。




どうせなら笑って生きよう。
この世はとてもとても、楽しいから。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月2日 

2012/10/02
Tue. 23:56


1:44の、ギターが「キュルルル」って鳴るときの顔とモーション。
ノリノリすぎる須藤。



モスクワは何というか、僕がハマりきる前に須藤がハマった。(笑
何となく聞いていたら、須藤が頭の中で何人か吉良家臣つれてきて、
「バント組んでPVつくろう」
的な流れを作り出して、
「おもしろいことになってるなー(´◡`)。0(高校生か)」
とか観察していたら、
どんどんPV作り出して、脳内で流れる流れるwwww

とはいえ、PVが流れるのはこの曲含めて、2曲しかないんですが。(笑
(もう1曲は『Kissing Cousins』という曲。
 僕自身はそこまで好きな曲じゃないんですが(この時点でもはや好みが違うwwww)、0:53~のサビのPVがドツボすぎて、「ああやられた」とww/(^o^)\)


しかもマイクを須藤が離さないものですから、
すっかりモスクワ曲ボーカルが須藤で再生されます\(^o^)/


そこまで来たらもう、必然的に、僕もハマるのは早かったwwwwwwwwwww

これはもう完璧に、脳内の須藤の陰謀だと思います。
てめーちくしょー!!!
モスクワ大好きだ!!!!!!!!!111(笑

新アルバムまだー!?w


そうして抜け出せない。

シナリオ書きのとのさんによく言われるのですが、
ものかきさんとしてはこれはうらやましい事なのだそうですけれど、
キャラが動きすぎるというのも、自分の中から独立しすぎて困ります……。(@ω@;)(キャラの意思が強すぎると、自分の意思で制御できない)


破壊者でいえばりっつんはよく動くけれど(今でもちゃんと脳内で生活してますwww)、
須藤も特に顕著ですね。
あ、崇徳院も活動的だな。彼は空気を読んでくれるから五月蠅くないけど。

こういうキャラと、特に動かないキャラとの差はなんだろう……。
行動力あるのかなぁ……。
自分の分身には違いないのでしょうけれど、不思議です。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年10月1日 

2012/10/02
Tue. 00:03


何につけても、鳥居さんが格好よすぎた。

【赤穂誠忠録(鳥居利右衛門)/国会図書館データベース化資料】

少年時代も大きくなってからも鳥居さんたまらんまじたまらん!!
同書討ち入りシーンとかでもなかなかに美しいんじゃないですか……!!!

清水や大須賀さん、松竹くんや小林さんもあったんですが、
どう考えても鳥居さんの一人勝ちです。えぇ。
まいった。


「史料ガン無視じゃねえか!w」のツッコみは野暮ですwwww(^ω^)
昭和はじめ頃の作品ですしね。
吉良の見直しがされてきたか否かってあたりの作品なので、あまり研究されていなかったのかも。


いえいえ大変おいしゅうございました。

こういう、家臣ごとの短編が描きたいのでござるなー。
須藤の小話はもう脳内で形になっているので、アウトプットしたいでござる。


ところで昨日の阿呆な河童話の続きを、とわさんがブログに描いてくださったぞ!(笑
大帽子花
ブログ>2012.10.01 (Mon)
より!!!(´ω`人)

有り難うございますwwwwwwwwwwwwww

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。