スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2010年2月23日 

2010/02/23
Tue. 22:34


このままコケて反省してくれそうです。

「いやぁ、すまない。見えなかったんだよ。」
「(・e・)←怒っている」
「今度、饅頭一つ多めにやるから……!」
「(・e・)←許している」


     ***


皆さん今晩和、管理人の珠百合です。


読書日和でした。
近代作家さんの作品を読んでいると、頭の中おかしくなりそうになりますよね!
とても理解できているとも思えないのですけれど、どうしてなのか読む事って止められない。

明日は現実に戻りたいと思います。


ラノベとかもなぁ……。
絵が無ければ読みたい作品もあるのですが……。
ってか何なんだろう、仮にも絵描きを目指す僕の言う台詞じゃあないww
絵がある事で、変に萌えとかいった俗っぽい先入観が入ってきてしまうのに、少し抵抗が……!

絵があるからこそ売れているという現状もあると思うので、きっと今の状態は商売上手の波なんだろうな!
そこまで否定するつもりはないですw
ただ、それにも自分のように好みがあるというのも事実ですよね。

そこはまぁ、自分の好きなもん読むもよし、自分の世界を広げたいならラノベ読むのもありって事ですけどね!
自分の好きなよーにすればえー(´ー`)

だって、こんな自分でもありますが、例えば夢の中でも、ラノベの挿絵担当以来とか来たら、至る所から山桜まき散らしながらお受けしますものwww
そこにある程度の需要があると分かってはいるからですね。
読者としての自分と、絵描きとしての自分。
見方が変われば何とやら……。


教育課程を指導してくださった先生が、
「生徒が勧めてくれるライトノベルを、僕も読もうと思わなくちゃ、本当はいけないんだけどねぇ……。」
と、苦笑しておられたのを思い出しました……w
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。