スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2010年9月22日 

2010/09/22
Wed. 23:21

宣告通り擬人化とか。
擬人化、あまり好きじゃないのに、気が付いたら脳内で擬人化になってしまっていたよ……。



今は亡きハムスターの名前を付けてます。

”いねむりすき”にも関わらず、手持ちポケモン・ラス1の時に、これでもかという程ふんばりを見せてくれる子です。
レベルが20も離れた相手が弱点攻撃をしてきても、極限状態になりながらも保ってくれます。
プッキがかわいすぎていきるのがつらい。


一応、ゲームでの姿はこんなんです。↓
http://blog-imgs-45.fc2.com/s/u/y/suyuli/2010-9-22_2.jpg
自分で見たい!という方もいらっしゃるやもしれませんので、画像リンクにしておきますねw


     ***


皆さん今晩和、管理人の珠百合です。

何かと仕事が都会に集中する現代ではありますが、
今も、昔からずっと引き継がれている”職人さん”ってお仕事とかあるじゃないですか。

今日、近所をふらっとお散歩していましたら、”研ぎ師”さんが屋台を出していました。
のぼりはお手製なのか、墨で文字が書かれていて、どうやら、包丁や鋏などを研いで回っているご様子。
屋台の中では様々な研ぎ石が揃えられていました。


一瞬で、その屋台の虜になりました。
「あ、何かかっこいいな」と。(笑


お客さんとみられるおじさんに、その職人さんが、研ぎ終わった包丁を新聞にくるんで渡しているところを見ましたけれど、心がほわりとしました。



僕も現代っ子。
情報社会が成長する社会は、今の日本が誇れる事だと自覚しています。
だけれど、
こういう職人さんこそ、今の時代を生き残って欲しい・と思ってしまうのは、ただの懐古主義ゆえの思想からなのかな。




何にしろ、生活の隅々では新しい発見が溢れているので、
僕の目は未だ”こどもの目”を持っていられるんだなぁ、ぬくぬくとした気持ちでいたのでした(´人`*)


子供の時、通学路の石ころやら何やらが新しい冒険に誘ってくれているような、ワクワクするものに見えた。
今もさほど変わらない。
ワクワクでいっぱいなのです。
これって、幸せな事だと思ってる!
周りのおかげなんだろうな。
ありがたやありがたや……!


Web拍手返信ー!


>「サイキッカーの イノリが 勝負を しかけてきた!」
 ……この一文で破壊者チームと聖ーズがポケモンバトルやってる光景頭に浮かんで吹いたwwwwwww

祈「行きなさい、ブラッキー!」

何となくブラッキーな気がしたwww
もはや破壊する気ないだろwwwwwwwwwwwwwwwww
絶対ポケモンバトルしたいだけだろwwwwwwwwwwwwwwwwww
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。