スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top


今日は色無し投下です!
『こどもふたり』漫画が書きたくてしかたない件。
『胡蝶之夢』よりよっぽど漫画にしやすいんだ。
描きたい筋がスパッとしているから。

考えるに、僕の創作話の中で、唯一ファンタジー要素を含まないお話かもしれません。


昨日からすごく眠くて。。。
はやく寝たいと思いまふ……。(つω=;)


     ***


皆さん今晩和、管理人の珠百合です。

久し振りのテーマあり日記です。↑(日付の横)


というのも、友人と話していた時、

友人「教育実習か~懐かしいね」
珠百合「といっても、今からたったの一年前だよね……?
    あ、でも確かにとても懐かしい感じがする。なぜだろう。」

こう思う事って、しばしばありませんかね。


とても単純なせいか今まで気にした事もなかったのですが、
本当に単純な事で、
これって、周りの環境がかわった分だけ、「懐かしい」という気持ちが重なっていくんじゃないでしょうか。
逆に、環境の変化が無ければ、上と同じ一年前であっても、「懐かしい」と思う事は無いのかも……?


この友人は、大学卒業後社会人に。
僕は皆さんご存じの通り、大学卒業後専門学校に。

お互いに学ぶ事もまるで違う、一年前とは別天地にいる訳です。



諸行無常は世の常といいますし、変化がないという世界は、特別なところに隔離されない限り、きっとありません。
しかしそうであるとしたら、
歳をとって思い返す今日というのは、一体どれほどノスタルジックに感じられるのでしょうか。
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。