スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年1月28日 

2012/01/29
Sun. 00:36


大学図書館行って、戒名について基礎的なお勉強(おもに禅宗)をして後、
吉良家臣戒名を見てみたよ!!!!!

ちょっと見方&作り方が分かっただけで……、
すげえ……!!!!
やっぱり戒名は、”その人の個性”をもとに作るものなので、
極端だろうけど、何かしら人柄の参考にできるに違いない!というのは間違っていなかったです!!
性格だったり、その人の生き方だったりを、仏教の響きや熟語として美しいかなど様々考慮がされているのですねぇ……。


ちなみに清水の戒名見解。
江戸で即葬られたとこでは、

「端翁元的信士」(萬昌院・曹洞宗)
→しっかりと上野介に忠義を尽くした、家でも目立った存在の人でした。


で、故郷で葬られたときはこんなん。


「実相宗禅」(円融寺・日蓮宗)
→温和で優しくて、ずっと主を近くで助けてきた人でした。



とにかく上野介様大好きだったことは分かる。(笑
上に……、
「目立ってた」んだ……。
(萬昌院の「的」より)


で、山吉さんのけて、清水が講談のヒーローに抜擢された理由はやっぱり、
圧倒的に世襲からの清水人気が高かったのだなぁと僕の中で落ち着いたwwwww
ついでにもう一人のヒーロー小林さんも、上野介様にしっかり仕えて、その中核にいた・というような書かれ方をしているので、
涙ぐましい忠義で目立っていたのか、上野介様ラブな雰囲気がすさまじくて目立っていたのかわからないけれども。(笑


さらに須藤。


道号の実字が、「林」なのか「桜」なのかわからなくて、数パターンあるんだけど……www

「林桜栄明信士」(萬昌院家臣碑)
→パターン1:かつては桜田門(仮。「桜」の付く地名か。)近くに住んでいて、華やかで目立って、はっきり道理を見分ける力を持った聡明な人でした。
→パターン2:かつてどこどこの林の近くに住んでいて、春千代若殿に仕えました。華やかで目立って、はっきり道理を見分ける力を持った聡明な人でした。



「栄」については、もしかしたら「派手な死にざまあっぱれ!」かもしれないなぁと思ったりもするんですが。
(ただ、須藤の戒名、萬昌院の家臣碑でしか見たことないので、どこのお寺に葬られてどこにお墓があって、どんな宗派で……っていうのは分からないんですよね;
 宗派によって戒名付け方など変わるっぽいので、多少相違があるかもしれません。とはいえ禅宗くさいですが……(´∀`;A))


戒名面白いよ……!!!!!
そら、成仏してくださいね・っていうための名前ですし、多少美化して作るものかもしれませんが、
それでもやっぱり、人柄参考になるもの全然ないのですごくうれしいんです……!!!(´人`)+


ともかく、講談の、
「清水>山吉さん」の理由がすっと腑に落ちたのは大きいwwwwwwwwww


あーーー……、
今日から初めて、図書館の地下書庫に立ち入りさせて頂けるようになったので、
正直、一か月くらい大学図書館に住みてぇええ……wwwwwwwwwwwww
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。