スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2012年7月8日 

2012/07/08
Sun. 22:18


新貝さんと南天って合う気がする。


吉良家作品紹介ページをちょろっと更新しました。
今回は短編多め。
まだ複数個ためている作品がありますが、それもまた時間の合間塗って追加していきまする~。



今週は土曜出勤だったので日記控えめですが……!
とりあえず今日更新できてよかったです(´∀`A)


あ、と、

崇徳院記念のイラストも支部に上げることができました~。
サイトにも上げる予定です!
仕事のためとはいえ、最近時差があって、HP派の方にはまことに申し訳ない……。

「春の夜はふきまふ風はうつりがを 気ごとにむめ(梅)と思ひけるかな」

珠百合的意訳
「春の夜に吹き舞う風の移り香をかいで、どの木も梅だと思っちゃった!」



という崇徳院の和歌を題材に一枚描きました。
時期は全然春じゃないのですが(笑)、この歌で初めて「和歌っていいな」と思えたので、今でも思い入れ深いんです(´人`)
すごく感性豊だなぁと思うだけでなくて、何となく分かる気がする。
し、すごくほんわかしてて、……好きだなぁ!


どうも宮中の和歌となると、当然っちゃ当然ですが、
和歌は仕事のアイテムでもあるので、こう、自分はスゴイんだぜ!こんなこともできるんだぜー!ってスキルに使われるものの印象が強いんです。
恋歌も駆け引きの知識合戦だし……。それが面白いんだろうけど。

こういう素朴な感性で、ぽろっと自然をめでるって、良いセンスしてるなぁ、と、純粋にそう思ったのです。
そう難しい技法を凝らしている訳でもないので、余計にですね(´人`)


好っきゃなぁ。
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。